FC2ブログ

ヒノブログ

8年の時を経て復活した端くれSEのブログです。

ブログ再始動!

2012年の記事を最後に更新を休止するといってたブログですが、
この度再開することにしました!

理由は?といっても明確に答えられるものは特にないのですが
色々と書きたいことがあれば投稿していく予定です。

昔の記事とかどうしようかなと思いましたが
カテゴリとして残しておくことにしました。
当時の記事について突っ込まれても、何も答えられなかったり
今は考えが違うなんてもありますからそこはご了承を(笑)

不定期更新ですが週1~2は記事を投稿できればと考えていますので
またよろしくお願いします!
スポンサーサイト



や、やっと入れた...


PCのクッキー取得がいかれて1年がたち、ようやく修復して入れるようになりました。
またちまちまと更新できていけば良いと思います。

追憶

1月26日
その日は授業が午後からだったので、十時まで寝ていようとしていた。そんな中九時ごろに一本の電話が家にかかる。
電話は母がとった。電話主は祖母が入院している病院からだった。祖母の容態が急変したそうだ。
母は夕飯の支度を中断し、急いで病院へ向かう準備をする。
自分は起床して自宅で待機するよういわれた。
九時半、母からの電話で祖母が亡くなったことを知らされる。母が駆けつけるも、間に合わなかったようだ。
あまりの急な祖母の死から現実逃避したかったのだろうか、パソコンを起動して気を紛らす。
気がつけば十時半。他に誰もいない中軽い朝食をとる。
十一時になったので学校にいく。
十八時帰宅。家には父母妹。帰宅も自分が最後だった。
祖母の葬儀は2月1日と2日。こんなに遅くなった理由は2つ。土日は葬儀場の都合でできず、もう一つは自分にあった。
1月31日と2月1日は配属している研究室の先輩の学会発表に京都いかなければならなかった。そのためさらに葬儀の日にちが遅くなった。
十九時半からバイトにいったが頭が回らない。塾の講師をしていながら、計算ミスをいつも以上に繰り返す。

1月27日
今日も学校に行く。しかし集中ができなかった。

1月28日
土曜日休日。両親は葬儀のうちあわせで昼間は外出。自分は家で待機。

1月29日
葬儀場にいって祖母の顔を見せてもらった。そして京都にいってくると告げた。

1月30日
京都出発前日。荷物をまとめる。

1月31日
京都へ。新幹線に乗っていった。名古屋当たりが一面雪景色。この冬一番の寒さだったかもしれない。
先輩の学会発表も終わり、夕食後夜は自由行動。
先輩たちと別れ、1人で京都駅付近を歩く。スターバックスのバニラクリームフラッペが異常に飲みたくなったので、iモードで検索。京都タワービルにあるスタバに立ち寄る。バニラクリームフラッペを飲みながら、祖母の死について向き合う。
祖母は認知症を患い、ここ二、三年は病院での生活をしていた。家にいたころと違い変わり果てた祖母の姿をみたときは脱力感というか残酷にいえば見たくないさえ思うようになった。
そう考えているうちに祖母が生きていた間にも関わらず、もう祖母は死んだと勝手に封じ込めていた自分がいた。
一方でプレートと大地震の関係のようにいつかは祖母は死ぬと前々から覚悟していたがまさか今死ぬとはと憔悴しきった自分もいた。
相反する思いが交錯するなか、気持ちの整理をつけようとするがなかなか収束できない。
スタバをでた後京都の夜空を見上げる。月よりもその近くで輝きを放つ一つの星に目がいった。
ホテルに戻って一晩を過ごす。

2月1日
十八時から通夜が始まる。遅れながらも参加したかったが京都をでるのが遅かったために式場についたときには通夜が終わってた。
棺に入れられた祖母の顔を見る。京都にいくまえとくらべ化粧などもされていたが顔には八十歳ちかいにも関わらずシワが本当になく、きれいな顔だった。
京都から帰ってきたよと祖母に報告し、線香をあげる。

2月2日
告別式。祖母と最後の別れ。
告別式終了後棺が開けられ、これでもかというほど花が添えられた。
そして花以外に自分からもう一つあるものをいれた。
学会発表に使った紙二枚の論文である。といっても自分よりは大半は先輩が書いたもので自分は研究メンバーとして名前が載っているレベルだった。
祖母が到底理解できる内容ではないが、初めて自分の名前が載った論文を祖母にみてほしかったという思いがあった。
論文はそっと祖母の足元においてあげた。
斎場に場所を移す。棺の窓を開けて最後の別れをいう。
棺の窓は父母妹と4人で閉めた。
火葬炉の扉が開く。祖母の棺が係員の手によって押し込まれる。
棺が入りきったら、お寺の住職さんの念仏を唱え始める。
それと同時にゆっくりと火葬炉の扉が上から閉まり始める。
それを黙々と見る一同。祖母の棺が扉で見えなくなっていくに連れて顔を両手で抑える母の姿が印象的だった。
火葬は一時間半で終わる。その間控え室で身内の人たちと在りし日の祖母の話や自分や母が生まれる前の我が家の歴史など初めて知った内容もあった。
火葬が終わり、収骨室に集まる。祖母は骨だけに姿を変えた。骨壺に骨一本一本収める。
祖母が足が悪かったのでそれを支えるために手術で埋め込んだ鉄芯も入れられた。
精進落としも終わった後家に帰宅。祖母にしてみれば姿形は変わってしまったものの、三年ぶりの帰宅であった。
葬儀場のスタッフがきて居間に檀を組み立てる。最上段に祖母の骨壺をおく。
スタッフや親戚が帰った後はいつも通りな生活に戻り始める。

2月3日~4日明け方
葬儀も終わり、また学校に行く。先週と比べるといくらか心が落ち着いていた。忌引きで休んでいた間どれくらい授業すすんだのか知人に聞く。
それでも夜寝ようとすると落ち着かず、気晴らしにこの記事を書く。
今、祖母は居間で寝ている。

----------

なんていうかブログの記事かくの久しぶりだなあ。携帯からだと大丈夫みたいです。
自分から見た祖母の印象は原付バイクに乗っている姿が強かったです。
よくひとりで原付に乗って勝手にどっかいっては母を心配させてました。
その辺母を待たずに風のようにこの世を去っていったあたりが祖母らしいです。
三年前自分が大学合格を決めた日、当時祖母は家にいながらも既に認知症が進行していて、もう自分のこと覚えてないだろうなと思っていたら、自分の名を祖母が呼んでくれました。
その時の記憶ははっきりと今でも覚えています。
そして不思議なことに亡くなる数日前には病室で母のことがわかったみたいなんです。
その日を境に祖母が熱を出し始め、26日の死に至った感じです。
認知症でなにもかも忘れてしまった祖母ですが最期に今まで自分の世話をしてくれた母に感謝の気持ちを表したかったのかもしれません。


これまで読んでくれた方。ありがとうございます。
長文失礼しました。

手持ちポケモン 紹介③

週一ペースで更新したいと思ったら、この不始末。
今回は変態ディフェンダー2匹です。


チルタリス タイプ:飛龍 特性:自然回復 性格:おだやか
技:大文字 龍の波導 コットンガード 羽休め
持ち物:「ゴツゴツメット」

通称もふもふさん。素早さ80族でありながらも防御を3段階あげるコットンガードは魅力的。
特防種族値105ともともと高い。氷の特殊技がなければ、積んでしまえば居座れます。
はねやすめは使用時に飛行属性が取れるので、氷4倍を2倍に一時的に可能。
ただ、カイリューやガブリアスとのドラゴン対決になるとゴリ押しされちゃうかも?


ヌオー タイプ:水地 特性:貯水 性格:なまいき
技:岩石封じ 自己再生 呪い 毒々
持ち物:「先制の爪」

ぬーん。多分1番コイツが変態。元祖水地面でありながらも最近キモクナーイラグラージやぽわぐちょなトリトドンに立場を奪われつつある。特性や技構成もトリトドンに似ていますが、のろい積みの攻撃で差別化して見ました。初手どくどくか呪いで積むかは迷いどころですか、自己再生で長期的に居座れることができます。草タイプがこなければ。唯一の攻撃技岩石封じは外れることがあれど、すべてのポケモンにダメージが与えられることから。おまけに素早さを確実に下げれることから。先制の爪が発動すれば場を一気に変えられることも。


ということでこれでメインパの紹介はおしまいです。
今度は砂パ関連の3匹になるかもです。

手持ちポケモン 紹介②

今回は火力重視のアタッカーの紹介です。

ワルビアル タイプ:地悪 特性:自信過剰 性格:ようき
技:地震 噛み砕く ストーンエッジ 逆鱗
持ち物:特に決まっていないが「こだわりスカーフ」か「きあいのハチマキ」

第5世代初登場の悪&地面タイプ。弱点多めですが、火力は非常に高いです。
自信過剰で攻撃あげれば種族値一致からかなり驚異的な強さになります。
物理技も豊富ですので使いやすいです。


ルカリオ タイプ:鋼闘 特性:精神力 性格:せっかち
技:波導弾 シャドーボール サイコキネシス めざパ(氷)
持ち物:特に決まっていないが「こだわりスカーフ」か「きあいのハチマキ」

映画で主役まで務めた特殊アタッカー。本来は4つめの技は「竜の波導」にする予定でしたが、めざパ(氷)を引いたのでそっちに変更。
天敵マンムーをどう突破するかがカギ。

今回は物理アタッカーと特殊アタッカーの2体を紹介しました。
次回は若干変態なディフェンダーキャラでいこうと思います。

 | HOME |  古い記事へ »

Author

ヒノ(旧名:フリズ)

Author:ヒノ(旧名:フリズ)
誕:1990/4/27
住:栃木県
職:SE
趣:ゲーム
アイコンはおっく様から頂きました。
ありがとうございます!

Twitter

NicoNico

Calendar

06 ≪│2020/07│≫ 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Category

Search

Counter

designed by たけやん